2018年6月 8日 (金)

玄武洞

修学旅行で明日香を訪れる中三年生の、体験学習の為の一泊の受け入れをしていて、5,6月に飛鳥のキトラ古墳で公開されている、壁画青竜の実物を三回も見に行きました。

今までこんな近くにいながら、あまり興味も持てなくて、でも子ども達には是非実物を見て欲しいと思い、昨年初めて公開を見に行ったのですが、発掘や壁画再現の上映を何度も見て感動しました。

S_img_3707_1 そんな時、奥城崎方面へ行く機会が有り、以前から行ってみたかった玄武洞へ行き、マタマタ感動です。


と言うか、全然知らなかったのです。



ばかですねえ。



玄武岩とは、石言葉「生命力を高め、魔を寄せ付けない」とあります。



S_img_3712 玄武洞、白虎、青竜、朱雀(南、北)とあり、キトラや高松塚古墳の四神の壁画と同じだったなんて。



ちなみに、高松塚古墳の壁画は南壁の朱雀が盗掘で無くなっていて、四神全てが揃っているのは、キトラ古墳だけだそうで、朱雀のすぐ横が盗掘口で有った為、消失を免れたそうです。



玄武洞は、石柱の断面が6角形で亀甲に似ていることから、江戸時代に命名されたそうです。



S_img_3713 玄武岩の石柱が作り出す自然の美は、古代建造物の様で最高でした。






















S_img_3715

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月31日 (木)

一年間のお誕生日会に

数年前に何年間か、毎月お誕生日会にお伺いしていた幼稚園から、今年もお願いしますとご依頼が有りました。


数年ぶりでお伺いした幼稚園は、二階建てが平屋に改築され、美しくなっていました。


四月にお伺いした時も、幼稚園に子ども達の賑やかで楽しそうな声が、響いていました。


四月は、まだ入園したばかりの3歳の子ども達が大勢いるので、顔を知って貰う為だけと、指人形のお話を一つして、子ども達の様子見。



お話より持っている指人形に興味いっぱいで、どうしても触ってみたいと集まってくる元気いっぱいの3人の子ども達。



5月は、一人の子がお休みで、その為二人も、ちょっと元気は半分。




毎月、真剣にプログラムを選んで、勝負です♪




来年3月の子ども達の様子がワクワク楽しみな、お誕生日会になりそうです♪♪
  プログラム
パタパタ     仕掛け絵本 (たまご、ひよこ、にわとり)    手遊び (たまごをポン)

絵本 しゃっくりがいこつ   パネル  まるまる くるくる ポーンポン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月17日 (木)

久し振りの邦楽演奏

S_h30429_028_1 奈良県大淀町比曾の、「世尊寺」で行われた”聖徳太子大会式”で邦楽を演奏してきました。




世尊寺は、聖徳太子が建立しと言われ、飛鳥時にはたと言われています。

S_h30429_043_1 私達邦楽演奏グループ{宝鼓楽}の拠点である大淀町にあり、飛鳥時代の四大寺(飛鳥寺)(四天王寺)(法隆寺)(世尊寺、古くは比曾寺と呼ぶ)と言われている国指定の史跡であるのに、全然知らずにいました。








S_h30429_046

















2,18メートルも有る、十一面観音立像は木造としては、吉野地方で最も古いものです。
十一面観音立像の写真

毎年、4月29日に「聖徳大使会式(おたいっさん)」が、地域の人達の力で行われています。



千本つきや、屋台等が境内に出て賑やかです。



最後のごくまきでは、直径30センチほどのお餅が宙を舞い、我先にと力持ちたちが手を差し伸べお餅をひらいます。



以前は、喧嘩やけが人も出たそうです。



この日も、警察の方が見守っていました。



けど、大きなお餅が円盤の様に飛んでくると怖い!



ごくまきでお餅をひらうのは大の苦手で、この日も小さなお餅一つもひらえませんでした。



S_h30429_036_1_2 陽射しのキツイ日でしたが、久々の演奏は心地よい緊張で、皆様に楽しんで頂けました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 3日 (火)

のどかな春に 平和な一冊

Img_3684中川 ひろたか 文 
飯野 和好 絵



強烈なインパクトの表紙です。



これ、小さな子ども。


「あくび」だけの絵本。

Img_3685

















 かばが あくびをしましたよ。

Img_3686凄い 迫力でしょ!
Img_3687
あくびをしたのをみては うつって行きます。

あくびは うつるっていうでしょ。



この絵本は そんな絵本


Img_3688_2

ゾウに うつり






サルに うつり





からすに うつり












サファリーの 運転手に あくびがうつる



Img_3689















それをみた おきゃくに あくびがうつり





ね!凄いでしょ この絵本

Img_3691

そして サフアリーの中で工事をしてた人達に あくびがうつり






右端の イヌのあくびが良い!






Img_3692_2

それをみた おとうさんに あくびがうつるのですが 、、、、、、














Img_3693_2



そう 今まではテレビの中だったんです。





テレビを見ていたお父さんに あくびがうつり





Img_3694


おかあさんに あくびがうつり




あごのはずれそうな あくび。




どのあくびも フワーって息使いが聞こえて、眠気が伝わってきそう


Img_3695

それを見た 子どもにあくびがうつる、




この子 男のこだったんです。





Img_3696







これが 表紙の顔。





読んで貰うと あくびがうつりそう。




そして読んでいる自分も あくびがうつる

Img_3697


ね。




平和でしょ!





あくびだけで 平和が伝わってくるでしょ。


でも 平和ってこんな日常だもんね
ね!


のどかな春に 読んでみたい一冊です。


おやすみなさい♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年3月30日 (金)

季節のワープ

Dcim1004_2キロロの朝の光景です。


今年の春スキーは、北海道最高の気温。


斜面も緩んで、スキーもスピード落ち。













Dcim0995_2


頂上は、ガスって何も見えず、だあれもいない。

















Dcim1006








絵だけを見ていると、真冬の北海道。





Dcim1011




雪の積もった海岸、穏やかな小樽の海。





















Dcim1012
Dcim1013




















関空での夜の光の舞

Dcim1014_2

春満開です。



これが、春スキーの楽しみの一つ。




冬から春真っ只中への、ワープ。



風、色、目と肌で感じる季節感が、出かける前とは一気にかわり春への喜びが、いっぱいに成ります。



白の世界から、色溢れる世界へ。


たった何時間かの差で、味わえる季節のワープ。



家の周りの景色が、愛おしく思えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月22日 (木)

大阪弁の妙

Img_3675_2訳の面白さで、原書とは違った絵本になっています。


大好きな絵本の一冊。


「ぼちぼちいこか」ええ言葉です。


何が有ってもへこたれへん、ゆ~ったり、の~んびり、ぼ~ちぼち行くこの笑顔のカバくんが、最高にええ。

原書の英語の横に、訳が書かれてあるこの絵本で、一段と”いまえ よしとも ”さんの訳が光り、面白さが引き立ちます。

Img_3676
いいでしょ、このかば君の顔。




ぼく、消防士になれるやろか?











Img_3677




NO

なれへんかったわ













Img_3678
ふなのりは どおやろか







NO
どうも こうも あらへん







Img_3679

バレリ-ナは はなのよう







NO
はなしにも ならへんわ




Img_3680

サーカスの つなわたりと     ござい・・・・・






NO
ま・し・た

Img_3681




バンドにはいって チューバーを
  ひとふき







NO
ふきすぎ やったか




Img_3682

どないしたら ええのんやろ






そや ええこと おもいつくまで
ここらで ちょっと ひとやすみ





Img_3683

まあ ぼちぼちいこか と いうことや















宇宙飛行士に挑戦したり、バスの運転手やカウボーイ、サーカスの綱渡り、ピアニスト、手品師、他様ざまに挑戦するのですが、全て
NO

最後の最後まで やっぱり NO!


けど、このかば君 ちっとも へこたれてへん



けいのモットー「ぼちぼちいこか」



でも、かばくんのようにはいかず、そのたんびに へこたれているけれど



原書では、NOの大きさが、段々と大きく成っていきますが、このたった一言のNOが大阪弁でこんなにも味のある言葉になります。



大阪弁って、味が有って面白いなあ!



日本語って、ほんまにええなあ!



今年度も、ぼちぼちいこか!




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月18日 (日)

月ヶ瀬梅渓

Dcim0991 初夏の様な暑さ、月ヶ瀬梅林では今が満開の一番良い時期でした。



ほんのりと梅の香が、鼻をくすぐります。







Dcim0993_2






黒が深い赤


燃える赤


真っピンク


淡いピンク


Dcim0987_2 色とりどりの梅



こんな、皆が絵にかく時のまんまの花びらの梅。












Dcim0989 ハンコやイラストになっている梅です。






少し汗ばんだ頬に風が、気持ち良くあたります。



ここで頂く、焼きあんこヨモギ餅の美味しい事。



花より団子です。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月14日 (水)

35回って35年間

35回文庫祭りも、200名程の方達が来て下さって、無事終了。


第一回創設のメンバーは、たったお1人になったのですが、80歳を過ぎられて今も、お元気で中心になって活動して下さっています。


市内で第一号の文庫をされて、40年です。




今も図書館に対する熱い思いは変わらず、エネルギッシュに活動されています。



30数個あった文庫も、今では活動している文庫は8文庫程になってしまいました。



それだけ図書館が充実してきた事だから、嬉しい事です。

年々、メンバーも減り負担も大きく成ってきましたが、春の文庫祭りを楽しみにしていてくれる子ども達が居る”ガンバロウ”40回目指して。


これで、けいの一年間の予定が全て完了♪


暫くは、今年度も上演のご依頼が来るのかな?と思いながら、新作を考える期間です。


学校も、新学期を迎え子ども達の学校行事が落ち着くまで、朝の絵本の読み語りも暫く休憩です。


春です♪


土手の桜の蕾も、今日はちょっと柔らかくなっています♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年3月 2日 (金)

マタマタ アクシデント!

毎週朝の絵本読みにお伺いしているので、子ども達とはすっかり顔馴染み。

前日の絵本読みで、「パタパタ、持ってきてね」のリクエストが有り、改めて自己紹介をすることに。

1,2年3,4年、5、6年と三時間のおはなしです。

アクシデントって、ちょっと続くものですね。

二時間目、ブラックライトのお話を始めた途端、「あっ!」と言う子ども達の声と共にガシャーンと大きな音。

パネルを前面から照らすために、イーゼルに付けているアームのブラックライトが、後ろに落ちてしまったのです。


丁度、お話を語りながら、張り替える絵を舞台裏で探していた時で、落ちる瞬間を見ていなかったのです。


何事が起こったのか?大きな音で初めて気が付きました。


ライトのアームがクルリと周り、荷重が後ろにかかり土台毎外れてしまっていたんです。


色々アクシデントはおこりますが、ライトが落ちたのは初めてです。


ライトは割れずに済んだのですが、出していく作品の絵も散らばってしまい、一瞬これはもう無理かなと思ったのですが、手が勝手にお話に沿って登場する絵を順に拾い集めていました。

我ながら驚くほど、冷静に。

その後、語りと出す絵の順もスムースに行き、慌てふためくことも無く、何とかお話の世界を壊さずに済みました。

色々ありますねえ。

長くしているって、上手になる事じゃなく、こんな時上手く誤魔化せるようになることなんだって、変に納得する上演でした。

最後良ければ、全て良し!!


今年度の朝の絵本の読み語りも、後二回です。


六年生のお友達とは、それでお別れに成ります。


ありがとう♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月28日 (水)

思言わず出る”うわぁ!!綺麗”

織田纏向幼稚園のお別れ会へ、上演にお伺いしてきました。


纏向古墳群のある、三輪山に近く、のどかな景色が広がっています。


ナビの案内で入り込んだ道が大変!車幅いっぱいの道で、小さなトンネルはサイドミラーを閉じなければ通行できません。


登園のお母さん達もいて、路は間違いないとドキドキしながら走って行ったのですが、とうとう道は田んぼへと入って行ってしまい、行き止まりでパニック状態。



どうも幼稚園の裏手に来てしまった様子。



会場外で舞台の準備をし、子ども達の発表を見せて頂いてその後の上演で、何とか気持ちを落ち着かせる時間が有りました。



会場の電気を消し、舞台前のブラックライトを付けた瞬間「うわぁ~!凄い!綺麗!の声が会場に響きました。

一番嬉しい瞬間です。



間を取り、お話を語り始めるとその「うわぁ~!凄い!」の声がピタリと止まり、みんなお話の世界へ入ってくれました。


最後は、「みんなともだち」の作品で、蓄光絵の具で書いた”ごそつえん おめでとう”の言葉が、ブラックライトをも消した暗闇の中で浮かび上がり、皆さんに喜んで頂けました。

パタパタ

くまくんの おでかけ

しかくかくかく  (パネルシアター)

まっくろ ネリノ  お月様って どんなあじ   みんな ともだち (ブラックライトシアター)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ありのままでいいんだよ